新・ユーロ円で勝ち始めたブログ

新・ユーロ円チャートのテクニカル分析~予想より仮説を複数たてる事~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

包み足 拡大型ペナント ユーロ円 FX

包み足 拡大型ペナント ユーロ円 FX


■即戦力のサイン一覧■
ロウソク足重要視しているなら必ず、必ずと言える武器磨きになります。


●勝ち組がやることまとめ1


●勝ち組がやることまとめ2


●勝ち組がやることまとめ3




こんにちは(^^♪




最近『考える事』を子育てのせいにしておろそかにしている私が居るので、思いを込めて書かせて頂きます。



今日は基本中の基本である『包み足』についてですが、包み足は拡大型ペナントとも判断できますよね。




ここの考察は皆様沢山されていると思いますが、まず大切なのはローソク足の形ではないということと、ストップ幅が許容範囲であれば包み足の高値安値ブレイクアウトで仕掛ける場合と時間軸によっては落とし込んでさらに違うパターンで仕掛ける場合です。




私は特に拡大型が得意ではありませんでしたが、ラインを見てからの判断の仕方に書いてあるように考えると少し楽になったのを覚えています。






下へ続きます





いつもブログランキングポチして頂いている方、ありがとうございます。

またブログ書き始めますので、もっとやれ!という方は押して頂ければ幸いです。





にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ







難しいというのは、こういう動きがあるのを知らないと見逃してしまいそうな動きの場合や、知っていても『これはどう判断していいかわからない。』という拡大型ペナントもあり、特に様々なパターンがあるからです。




わからない場合は当然見送ればいいだけですが、やはり深く知りたいですよね。




応用とも言える場面ですが




下記リンクのブログの3つ目の画像ですがBO失敗からのBO失敗かとおもいきやサインが出るという場合に注目してください。

現在の目線と簡単な仕掛けと難しい仕掛け


この動きは私の脳裏にも焼き付いています。


皆様BO失敗があったら必ずBO失敗の失敗を仮説・想定していると思いますが、それ以上に仮説を立てなければいけないと思って頂いた場面かと思います。


ただ昔の私みたいに難しいと思っているから難しいのかもしれませんね。


考えられる仮説を増やしていけば対応できる場面が増えるのは言うまでもありません。



経験と言えば経験ですが、ブログにも日々のチャートパターンと考え方・判断の仕方を書かせて頂いているので、それを見て頂ければ時短になるかと思います。そこから自分の考えを加えていくことが一番の近道だと思います。






どなたかのお言葉で


『凡人は模倣し、天才は盗む』とありましたが、これは色々な本で書かれていますね。


私も全くその通りだと思っていて、結果を出している人の真似をしたら利益がそこそこ上がり→そこに自分の考えを加え続ける事によってさらに利益が上がり続けるのではないでしょうか?



ビジネスとしてトレードされているんですよね?



いつも書かせて頂いている、+自分で考え続けるという事は半永続的に利益を出し続ける最強の方法だと思います。


考えるのがストップすれば徐々に衰退するのがビジネスですし、トレードも同じではないですか?


もう手法は安定したからこれでいいんですか?


死ぬほど考えて死なないのでしょうし、自分の未来をイメージして常に考え続け、すぐに行動できるようにしたいですね。


以上私への戒めでした。


さようなら






にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ


スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
ぶろとも申請方法
素敵なメッセージまとめ
閲覧人数
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。