新・ユーロ円で勝ち始めたブログ

新・ユーロ円チャートのテクニカル分析~予想より仮説を複数たてる事~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ユーロ円の週足から落とし込む本当の見方を初心者の方へ向けて

■落とし込むって何?



※私のブログはデイトレーダー目線で書いてありますが、スイングトレードにも対応しています。

※以下画像のラインは引き直し後であったり、引き直し前のも含みます。値動きが進むに従って引き直しが必要な場合があります。



落とし込むってそんなに面倒でもなく、難しく考えなくて良いと思います。


よく見かけるのは、日足で上サインなのに30分足で下サイン、5分足で上サインでどっちかわからないとおっしゃっている方。



そもそも全ての軸の方向が上や下で揃ったところを狙ってトレードしているのではなく、


しかもデイトレーダーなら比較的軸の方向が多く揃う日足等の大きい時間軸の底・天井だけでトレードしているわけではありませんね?







こんにちは^^



まず本文を読んで頂く前に伝えたい事。

※私のブログはユーロ円のトレードが主ですが、使い方・見方はドル円、ユーロドル、ポンド円等、通貨は問いません。


※主にFXにおいて本当の基本がわかっている方へ向けて中級者以上の方へ向けて発信させて頂いております。



本当の基本がわかっている方は以下のリンクのブログから見てください。



ユーロ円の仕掛けアップデートブログ
FXの仕掛けアップデートまとめ




FXのテクニカル分析で知らないと損をする事
~一般の個人投資家の考えている逆の思考を身につける~
ネットに載ってない分かり易い仕掛けブログまとめ










下へ続きます








いつもブログランキングポチして頂いている方、ありがとうございます。




またブログ書き始めますので、もっとやれ!という方は押して頂ければ幸いです。









にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ













1、日足・週足は現状把握の為




まず前提として日足や週足を見て現状を確認しますが値動きを理解されているなら頻繁に確認する必要はありません。


ただし初心者の方においては、近くに前の足の高値安値があったり、スイングハイ・ローがあるならそこにラインを引いておきます。


もちろんフラッグ(トレンドチャネル)・ペナント(拡大型・縮小型)・BOXのどれかを引いているはず。


ライン近辺ではブル派からベア派に移りベア派が多数になる場合や逆の場合が出てきます。


フィボも引いておいて構いません。
※ライン引きすぎ=わからないようにならない程度で。


たくさんラインを引かなくてよくなるようなるべく大きい時間軸の重要な値は頭にいれておく事。


これはユーロ円の週足チャートです.

ユーロ円の週足チャート






■ラインを引く場合の注意点■


スイングハイ・ローにサポレジや他のラインは必ずしも高値安値ではないということを覚えておいてください。


値が進むにつれて必要なら引き直しも必須。具体的な引き方は本当の基本参照。


そういったところでは値動き(プライスアクション)を見て特に下位足で仕掛け機会が訪れますが何度も言うようにデイトレーダーにとってそこだけが仕掛け機会ではありません。


日足・週足では現状把握が主な目的です。


全ての軸において見るモメンタムや値の強弱も忘れずに。


これが少し中級者向けになりますがFXがビジネスに変わるには必ず覚えないといけない項目です。


本当の基本を参照してください




2、30分足・1時間足・4時間足



ユーロ円の4時間足チャート


この辺の軸になってくると日足より小さな波が見やすくなってきますね。
上の黄色の斜めラインは日足で引けるペナント想定ラインで黒いレジスタンスライン・パープルチャネル等も控えています。

これから上昇するなら皆様が見ているラインであり、値動き次第でどっちに転ぶか見極める場所で、ブル派・ベア派双方の利確・仕掛けが多く出てくると思われる場所です。

特にこのラインまで待たないと仕掛けができないわけではありません。


上昇した場合の保有玉によっては利確の目安になりえるラインなだけです。

スイングならこの辺りの時間軸で仕掛ける方もいらっしゃるかもしれませんが、本来、日をまたいで保有する予定の仕掛けでもより下位足へ落とし込んで、より良い値で仕掛けます。


スイングの場合でも損切り幅が30pips~100pips等は私には考えられませんが、そういう方もいらっしゃって良いかと思います。

全て個人の自由です。

自由なだけに恐ろしい世界で90%以上が負け組になるというのをお忘れなく。





3、1分~15分足



ユーロ円の15分足チャート


この辺りまで落とし込むと仕掛け軸になってきます。


例えば上記画像は落とし込んだ15分足ですが○部分から二本の陰線で下がっているのはわかりますでしょうか。


訂正↓紫トレンドチャネルは引いてないので『紫トレンドチャネル』を『スイングハイからの下降』に置き換えてください。

紫トレンドチャネルの波から次の小さい波(この15分足で言えば、ラインは引いてないですが陽線のみの上昇フラッグ)ができて○から下がった時点で少し大きな波が確認できただけですが、緑のラインはまだ引けてない場所なのになぜ○から前の陽線のみの上昇フラッグより強く下がったのでしょうか?



大勢の人が見ているからです。


さらに大勢の人が見ているところはもっと勢いがよくなったりします。


これがわかればかなり有利になります。


そしてその陰線2本~で下を抜けなかった。


じゃあこの時点でフラッグかペナント拡大型のあと下に落ちるか、現在のダブルORプルバックが有効で上昇。ただし後者の場合フラッグかペナントの拡大型のラインでどういう動きをするか注視してみてください。


もちろんこの軸見ただけの時点ではどっちに行くかわからず仕掛けられないです。


それなら値動きを待って仕掛けるんですが、前の4月19日からの動きを見ていると私はデイトレ目線で売り16:22時点では狙っています。



これから変形して引き直しが必要になるかもしれませんが待ちます。



わからなければ放置するだけですが


この簡単な落とし込みの仕方+それぞれに根拠を重ねていきます。


初心者の方には後半難しいかもしれませんが真の基本がわかっていてネットに載ってない分かり易い仕掛けブログまとめがわかれば他の人より有利なトレードが出来ます。


ではメッセージお待ち頂いている方もうしばらくお待ちください。

さようなら。









にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ



スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
ぶろとも申請方法
素敵なメッセージまとめ
閲覧人数
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。